February 24, 2023

株式会社リッケイ タイへの進出  〜 グローバル市場へのアクセス〜

 2023年よりグローバル市場へアクセスし、ベトナムの情報技術やビジネスをより多くの人に知ってもらいたいというのが当社の一つの理念であります。長年、日本企業との取引を行ってきた経験から、東南アジアに進出している日本企業のさらなる発展を支援することを目的に、タイに会社を設立することになりました。グローバル化を進めていく戦略の第一歩として、平均賃金または文化面でベトナムと類似しているところが多く見られ、また、東南アジアで最も日系企業が集中している国であるタイに注力してまいります。将来的には、アジア太平洋市場を基盤として、世界中に事業を拡大することを目指しています。

タイは、情報技術を活用したデジタル経済への取り組みが進んでおり、政府によりタイ市場の発展を支援するための様々なプロジェクトが実施されているようです。また、日本企業はもちろん、その他の外国企業の進出も促進しています。

 当社は、この市場への参入と事業拡大を計画し、現地事務所を設立して、日本のお客様に迅速に対応できる体制整備を開始いたしました。

 当グループでは、500社以上の日本企業のクライアントを持ち、全体の86.7%を占めています。また、これまで日本企業への多数のオフショア開発サービスの提供実績があります。コミュニケーションは全て日本語で取ることができ、技術面では日本での開発に匹敵するものがあります。今後、日本市場で熟練した弊社の人材は、タイにおける日本のお客様に満足いただける最小限のコストで優れた品質のITサービスを提供していきます。

 「新市場開拓には数々の困難と障壁がありますが、弊社の培ったノウハウと優秀なスタッフによるサービスにより、顧客維持率は97%以上であることに自信があります。」と当グループの営業本部長は述べました。

 弊社の従業員数は200名に上り、グループ全体では1,600名を超えています。グローバルな環境でスタッフのほとんどがネイティブレベルの英語力をもち、英語や日本語でのプロジェクト遂行が可能になりました。オフショア開発により、IT人材不足に悩む企業様にとって、採用業務の手間が省ける等、コスト削減に繋がります。

 当社は2016年に設立され、東京本社をはじめ、名古屋・大阪・福岡に支社があります。2022年には、一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)に加入し、また、親会社のRikkeisoftは2022年度のITワールドアワードを受賞しました。世界市場への参入の足がかりとして、米国とタイに進出し、シェア拡大を目指します。

More From ニュースルーム

January 25, 2024

Rikkeisoft CEO Interview: ベトナムのAI開発最前線 – 日本企業との技術協力の新たな可能性 

ベトナムは、急速に成長するAI開発のハブとして国際的に注目されています。若くて優秀な人材の豊富さ、勤勉な国民性、諸外国との良好な関係が、ベトナムをAIの新たなフロンティアに押し上げています。本記事では、現Rikkeisoft CEOであり、元Rikkei AI CEOのDang Thai Hoa氏へのインタビューを通じて、ベトナムのAI開発の現状と、日本市場におけるその可能性と影響を深掘りしていきます。  1. ベトナムにおけるAI活用の現状 まず、ベトナム国内での生成AIの活用状況について教えてください。 Hoa氏: ベトナムでは、個人によるChatGPTの使用が日本と同じくらい多いですが、大半はまだ個人的な趣味の範囲内に留まっています。企業においては、データセキュリティの観点から、AIの導入に慎重で、多くの企業で検討中の段階です。  ChatGPT以外で活用されているAI技術にはどのようなものがありますか? Hoa氏: 確かにChatGPTの利用は盛んですが、最も利用されているのはMidjourneyなどの画像生成AIです。これらは特にマーケティングの分野で活用されています。  最近のトレンドとしては、QRコード生成に画像生成AIを使用することがあります。白黒のものではなく、企業のロゴや関連するマーケティング画像を組み込んだQRコードが多く見られます。これらはスマートフォンで簡単に読み取ることができ、従来のシンプルな白黒QRコードよりも企業のブランディングに効果的であるため、注目されています。  ベトナムの伝統衣装アオザイを着用した女性のQRコード  2. ベトナムにおけるAI技術の現状と展望 AI業界の最新動向におけるベトナムの位置づけを教えてください。 Hoa氏: 研究という観点で言えば、アメリカや日本の方が進んでいると言えるでしょう。一方で、ベトナムはそれらの研究をもとに社会に実装するためのリソースが多い点が特徴だと考えます。研究は重要ですが、実際に研究内容をソリューションやプロダクトに具現化する開発部分を担うことができる点がベトナムの強みと言えます。  そのようなプロダクトを具現化する技術力の高さの他に、ベトナムの強みは何がありますか? Hoa氏: ベトナムの強みは若くて優秀な人が多い点です。今後AIのニーズは増え続けますが、日本やアメリカは高齢化が進んでいきます。そんなときに若年層のボリュームがあるベトナムが求められると思います。若いというのは良い点も悪い点もあります。デメリットとしては、経験が浅い人が多いという点があげられますが、若い分学習スピードが早く、すぐに即戦力になります。   また、ベトナムの親は子供が小さい頃から英語、日本語、韓国語、中国語などの言語学習に力を入れます。そのため、ベトナムの方は、外国の方と一緒に仕事をするハードルが低く、この点も強みだと言えます。  さらに、アメリカ、日本、中国、韓国などの大国との関係が良好である点もメリットと言えます。例えば、アメリカはベトナムに多額の投資を行っていますし、ベトナム企業もアメリカに進出し始めています。実際に、RikkeisoftもアメリカにRKTechという子会社があります。このように、諸外国との関係が良好で安定しているから、システム開発の発注やパートナーシップの拡大がしやすい国なのではないかと思います。  AI開発において、ベトナムが他のオフショア開発国より優れている点を教えてください。 Hoa氏: 確かに、ほかにもオフショア開発先としての候補はありますが、国によって特徴が異なります。例えば、インドだと、英語が話せる人が多く、アメリカに住んでいる人も多いため、コミュニケーションという点では、ベトナムより優れています。  一方で、ベトナムの人々は「柔軟性(flexibility)」がある点が強みだと思います。どのような環境や仕事でも、すぐに慣れて柔軟に対応することができます。日本企業にとってのメリットは、コストが削減できたり、ITリソース不足が解消できたりする点があげられますが、その他にも2時間とあまり時差がない点や日本とベトナムの文化が近い点も魅力だと思います。  ベトナム企業とAI開発をするうえで注意すべき点はありますか? Hoa氏: まず、ベトナムと日本とでは仕事のやり方やマインドセットが異なるという点に注意すべきです。例えば、ベトナム人はあまり時間を守らないというイメージがあると思います。Rikkeiのメンバーは、MTGなどの時間をきちんと守りますが、プライベートでの友達との約束では、遅刻することもよくあります。  日々の業務においても、一般的には日本人ほど真剣に取り組んでいない人も多いです。このように日本とベトナムの間では、共通認識やマインドセットに違いがあるため、お互いの文化やワークスタイルを理解して、お互いが納得のいく環境や仕事の進め方を共に探っていくといいのではないでしょうか。  3. AI開発パートナーとしてのRikkeisoft RikkeisoftのこれまでのAI開発実績を教えてください。 Hoa氏: Rikkeisoftは、これまで画像認識と音声認識のプロジェクトをメインに手掛けてきましたが、直近では画像認識と生成AIのプロジェクトが多いです。案件はいろいろありますが、例えばレストランのタブレット注文にチャットボットを導入し、注文の個別化を実現するというプロジェクトに取り組んでいます。  具体的には、チャットボットに「今日はどのような料理がおすすめですか?」や「私にはどのような料理が合うと思いますか?」などと尋ねることで、ユーザーに最適な食事をレコメンドしてくれます。  また、タブレットのカメラ機能を通じて、ユーザーの顔を認識することで、ユーザーの過去の食事履歴を分析したり、ユーザーのフィードバックをデータベースに保存したりすることができます。それらの個人データをもとに、よりよいサービスの提供や個別化されたレコメンドを実現することができます。さらに、ユーザーのアレルギー情報なども取り込めば、事故を減らすことにもつながります。  現在、Rikkeisoftが最も注力しているAI製品は何ですか? Hoa氏: 現在、Rikkeisoftは、生成AI搭載の受付ロボットの開発に注力しています。昔のチャットボットは、振る舞いがどこか不自然で人間らしくありませんでしたが、ChatGPT登場以来かなり自然な会話が可能になりました。何を質問しても回答することができ、利便性がかなりあがりました。5年後には生成AIが搭載されたロボットが世の中に溢れるようになっているのではないかと予想しています。  RikkeisoftのAI開発チームの特徴を教えてください。 Hoa氏: RikkeisoftのAIチームはかなり優秀です。全員ベトナムトップの大学の成績上位者ばかりです。彼らは若く、未経験の方も多いのですが、勉強のスピードがとにかく速く、熱心です。AIのエンジニアは、高度な知識やスキルが求められますが、Rikkeisoftにはそれらを兼ね備えた人材がそろっています。  Rikkeiが日本のお客様と取引をするうえで、気を付けている点や大事にしている点はありますか? Hoa氏: 私たちが一番大事にしているのは、日本企業では必要不可欠な「ホウレンソウ」文化です。  弊社は、オフショア企業ということもあり、日本側とベトナム側のコミュニケーションは頻繁かつリモートで行われます。同じ国の人同士でもリモートだと齟齬が生まれますが、国が変われば、意思疎通はより困難になります。そのため、「ホウレンソウ」文化を根付かそうと努めています。  Rikkeiでは、リーダーやPM、PQA(プロセスをチェックするチーム)向けのトレーニングプログラムが豊富に用意されています。その中には、「ホウレンソウ」に関するプログラムも含まれていますが、これらのプログラムを通じて最初からベトナムチームにその文化を根付かせることで、日本の企業とのやりとりにおける問題の発生を予防するようにしています。  その他にも、日本のパートナー企業から、指摘された部分に関しては、すぐに学び、改善するようにしています。次に、その内容を社内のトレーニングに取り入れることで、意識をどんどん高め、日本人に合わせていくような文化がRikkeiにはあります。     AI開発パートナーとして、 […]

January 24, 2024

RIKKEI THAILAND、「Rikkei Thailand Opening Ceremony Party」を開催しました

2024年1月23日、タイ・バンコクにて株式会社リッケイ子会社のRIKKEI (THAILAND) CO. Ltd. (以下「RIKKEI THAILAND」)は、開所式「Rikkei Thailand Opening Ceremony Party」 を開催いたしました。  開所式には、在タイベトナム大使館二等書記官、在タイ日本大使館一等書記官、バンコク日本貿易促進協会副会長、タイ保健省代表者、タイに進出している日系企業の会長および取締役を含む84名のご来賓、Rikkeisoft、Rikkei Japan、RKTech(米子会社)28名が出席しました。  グエン・クアン・キー氏のスピーチの様子  開所式の冒頭で、RIKKEI THAILAND のCEO、グエン・クアン・キー氏は、設立から8か月の軌跡を振り返り、お客様や関係者に感謝の意を表しました。また、Rikkeisoft会長、タ・ソン・トゥン氏は、これまでのRikkeisoftとタイ市場との関係性について語り、タイ市場における今後のさらなる発展に対する期待を示しました。  RIKKEI THAILANDの設立に際して多方面からのご支援を賜った在タイ日本人会の会長、島田氏は、Rikkeisoftメンバーの若さ、勤勉さ、スピード感、行動力、そしてリーダーシップに深く感銘を受け、今後も熱心な若者たちをサポートしていきたいとの意向を示されました。  開所式の様子  開所式の締めくくりに、Rikkeisoft のCEO、ダン・タイ・ホア氏は、ご来賓の皆様への深い感謝の意を表し、RIKKEI THAILANDへのご支援を引き続きお願いする旨を述べました。    【RIKKEI (THAILAND) CO., LTD概要】 名称  : RIKKEI (THAILAND) CO., LTD所在地 : Ramaland building, no. 952 Rama IV road, Khwaeng Suriyawongse, Khet Bangrak,  Bangkok Thailand代表者 :代表取締役社長 Nguyen Quang Ky設立日 :2023年5月15日事業内容:● システム開発     ● 最先端テクノロジー(IoT、クラウド、AI、RPA、ブロックチェーン)HP    :https://rikkeisoft.com/th/ RIKKEI (THAILAND) CO., LTDは、最先端のソフトウェア開発、人工知能、ITコンサルティングサービスをさまざまな業界に提供する大手テクノロジーソリューションプロバイダーです。グローバルな存在感とイノベーション、卓越したコミットメントにより、デジタル時代におけるビジネスの成功を支援します。 

January 20, 2024

Rikkeisoft Corporation.、役員の異動に関するお知らせ

当社親会社のRikkeisoft Corporation.(本社:ベトナム・ハノイ市)は、2024年1月20日付で、 Dang Thai Hoa(ダン・タイ・ホア)が新General Director (CEO)に就任したことを知らせします。また、同日付で、ファン・テ・ズンはCEOを退任し、Senior Vice Presidentに就任しました。  Rikkeisoft Corporation.は、新体制のもと、ベトナムの豊かなリソースとハイテクソリューションを通して、日本やベトナムをはじめアメリカ、タイ、APAC、ヨーロッパへのサービス展開を加速させて参ります。今後とも更なるご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  【Dang Thai Hoaについて】 Dang Thai Hoa(ダン・タイ・ホア)は創業メンバーの一人であり、前Rikkei AIのCEOとして、これまでRikkeisoftのハイテクソリューションおよび製品の開発を担当し、 Rikkei Smart Camera AIやRikkei eKYCなどの製品化に貢献。  【Rikkeisoft Corporation.について】 名 称 : Rikkeisoft Corporation.  所在地 : 21st Floor, Handico Tower, Pham Hung St., Nam Tu Liem District Hanoi, Vietnam  代表者 :General Director (CEO) Dang Thai Hoa(ダン・タイ・ホア)  設立日 :2012年年4月6日   事業内容:● システム開発   ● 最先端テクノロジー(IoT、クラウド、AI、RPA、ブロックチェーン)  HP    : https://rikkeisoft.com/  […]

January 19, 2024

RIKKEI(THAILAND)子会社、「Rikkei Thailand Opening Ceremony Party」開催のお知らせ

株式会社リッケイ子会社の RIKKEI (THAILAND) CO. Ltd. (以下「RIKKEI THAILAND」)は、オープニングセレモニーを開催することをここにお知らせいたします。 株式会社リッケイは、タイに進出している日系企業のさらなる発展を支援することを目的として昨年5月15日にバンコクにRIKKEI THAILANDを設立し、おかげさまで設立8ヶ月を迎えることができました。皆様方のご支援、ご厚情による賜物と深く感謝いたしております。 つきましては、日頃の感謝を込めて1月23日(火)にKimpton Maa-Lai Bangkokにて「Rikkei Thailand Opening Ceremony Party」を開催いたします。 開所式は、RIKKEI THAILAND関係者をお招きし、RIKKEI THAILANDの8ヶ月の軌跡を振り返るとともに、より強固な関係を構築する場となることを願っております。 【RIKKEI (THAILAND) CO., LTD概要】 名称  : RIKKEI (THAILAND) CO., LTD 所在地 : Ramaland building, no. 952 Rama IV road, Khwaeng Suriyawongse, Khet Bangrak,  Bangkok Thailand 代表者 :代表取締役社長 Nguyen Quang Ky 設立日 :2023年5月15日 事業内容:● システム開発 ● 最先端テクノロジー(IoT、クラウド、AI、RPA、ブロックチェーン) 詳細  :https://rikkeisoft.com/th/ RIKKEI (THAILAND) CO., LTDは、最先端のソフトウェア開発、人工知能、ITコンサルティングサービスをさまざまな業界に提供する大手テクノロジーソリューションプロバイダーです。そのグローバルな存在感とイノベーション、卓越したコミットメントにより、デジタル時代におけるビジネスの成功を支援します。 

January 4, 2024

リッケイ名古屋、中部地方における市場開拓に伴う体制強化のお知らせ

リッケイ名古屋は、2024年1月1日付で、中部地方における市場開拓を目的として、組織体制を強化したことをここにお知らせいたします。  Dao Trong Hieu(ダオ・チョン・ヒエウ)がリッケイ名古屋支社長に就任し、中水博久がリッケイ名古屋副支社長に就任いたしました。  両氏は、新たな職務において、これまでの経験と知見を活かし、名古屋支社のパートナーシップ拡大および営業部拡大に取り組んで参ります。2024年において、リッケイ名古屋は売上5億円、従業員数50名を目指します。  当社は、引き続き体制を強化することでベトナムリソースによる高品質なITサービスを皆様に提供して参りますので、今後とも、ご支援賜りますようお願い申し上げます。  【Dao Trong Hieuについて】  2012年より6年間にわたり、東芝ソリューションにて製鉄企業向けに中国・インド・ベトナムオフショアを展開。2018年よりRikkeisoftに入社し、2022年11月にダナン支社副支社長に就任。2024年、リッケイ名古屋を現在の30名から3年間で100名以上の規模に拡大するというミッションのもとリッケイ名古屋支社長に就任。  【中水博久について】  マーケティング企業で10年間にわたり事業部長、PM、取締役として営業部門、技術部門を統括。その後、東京のSIer企業でSI事業部マネージャーとして大手企業中心に担当し、ベトナムオフショアのグループ会社のベトナムエンジニアと交流を開始。2021年9月に株式会社リッケイに営業として入社し、現在に至る。 

December 18, 2023

リッケイ、GeneticaとAIを活用した遺伝子解読アプリケーションの共同展開に関する覚書締結 – ファム・ミン・チン ベトナム首相が参列

2023年12月16日、「株式会社リッケイ(以下、リッケイ)」は、人工知能を活用した遺伝子検査サービスを展開する「Genetica Asia株式会社(以下、Genetica)」と、日本の消費者向けに人工知能を応用した遺伝子解読ソリューションおよびアプリケーションの開発・販売において協力することに関する覚書を締結いたしました。協定式は、ベトナム首相ファム・ミン・チン同席のもと行われました。 背景と目的 患者の体質や病気の種類などに合わせて治療を行う個別化医療に対する国際的な関心が増加する中、遺伝子解析の需要も急速に高まっています。日本市場においても、遺伝子を通じた病気の早期発見や治療法の改善に対する要求が強く、プレシジョン・メディシン(精密医療)の実現が求められています。この覚書は、最先端のAI技術を活用し、より個別化された医療ソリューションを共同開発し、日本市場に展開することを目的としており、日本とベトナムの技術力を結集し、医療産業に革新をもたらすための重要な一歩となります。 Geneticaは、ベトナム国立大学に世界で最も厳しい認証であるCLIA(The Clinical Laboratory Improvement Amendment、臨床検査室改善)法に準拠した研究所を所有しており、主にアジア人向けにAIを応用した遺伝子検査を通じて癌やアレルギー、脳卒中、ADHD、知能指数(IQ)、感情指数(EQ)人工知能(AI)などを特定するサービスを提供しています。 今後の展望 この度、リッケイはGeneticaとパートナーシップを通じて、アジア人の遺伝子データベースへのアクセスを可能にし、人工知能(AI)を応用したアジア人ゲノムの遺伝子検査における特許技術の取得、日本消費者を対象とした遺伝子検査結果に基づいた疾患(特に癌、糖尿病、心血管疾患)に対する個別化された治療、サプリメントや薬品を提供するアプリケーションの開発・展開において協業し、日本における個別化医療の発展に取り組んでいきます。両社は最大1000万米ドルの投資を計画し、イノベーションを通じて日本の医療業界に貢献します。 株式会社リッケイについて 株式会社リッケイ(https://rikkeisoft.com/ja/)は、ベトナム発のオフショア企業であり、日本企業向けに高品質かつコストパフォーマンスの高いITソリューションを提供しています。グループ全体で1600名以上のエンジニアを擁し、クラウド、AI、IoT、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーに精通した人材も在籍しています。当社は、これまでに幅広い業種において500以上のグローバルクライアントと1000以上のプロジェクトに取り組み、顧客維持率は97%を達成しています。 Genetica Asia株式会社について Genetica Asia株式会社(https://genetica.asia/en)は、人工知能を応用した遺伝子解析を専門としており、アジアにおいて、子供から大人まで幅広い年齢層の消費者に対して、遺伝子検査を通じて、体質や病気のタイプ、知能指数や感情指数などを特定するサービスを提供しています。