オフショア開発B-O-T(構築・ 運営・委譲)

オフショア拠点の設立を目指す日本のお客さま企業にとって、法人設立や人材採用などにかかるプロセスや時間を必要とせず、すぐにでもオフショア化に取り組める方式がBOT(Build-Operate-Transfer)方式です。ご提案から構築・運営・委譲までトータルにサポートします。

BOT方式(ビルド・オペレート・トランスファー方式)がどのように役立つか

リスクの最小化
人材の確保・定着
コストの削減、時間の節約

サービスの流れ

01

構築(Build)

お客様の主な目標や基準、必要なスキル等をヒアリングの上、豊富な人材プールから最適な候補者をご提案いたします。

02

運営(Operate)

10年間に渡るITアウトソーシング業界における経験に基づいた最高水準の管理体制で運営を行います。

03

委譲(Transfer)

プロセス全体に渡って問題なく機能している運営チームをすべての資産とともにお客さまに移譲したします。スタッフが持続的に責任を負うことを保証しながら、業務を完全に管理することができます。すべての資産をスタッフととも委譲します

オフショア開発B-O-T(構築・ 運営・委譲)
オフショア開発B-O-T(構築・ 運営・委譲)

特徴

最短スピードで立ち上げ
わずか7日から10日で、お客様のどんなご要望にも対応できる資格を持ったソフトウェアエンジニアのチームを作ることができます。
高い技術力
10年間に渡り、日本のお客さま企業に対しITアウトソーシングサービスをご提供してきた経験と実績に証明された最新の技術で、最高のソフトウェアエンジニアを提供することができると確信しています。特に、Rikkeisoftは、2,000人の専門家と経験豊富な開発者に支えられているThe Polkadot Blockchain Development Association (PBDA)のエグゼクティブメンバーです。
人材育成プログラム
社内でのトレーニング活動に加えて、若いソフトウェアエンジニアを育成、訓練するために、「RTEP」と「Talent Incubator」という2つのプログラムを実施しています。このチームは、将来的に優秀なエンジニアとなる信じしています。

新しいプロジェクトを始めよう

お客様のプロジェクトとソフトウェアエンジニアリングのニーズを簡潔に説明し、当社チームとのコラボレーション方法について議論します

Rikkeisoftの国際女性デー