December 7, 2021

「社員インタビュー」:オフショア開発で品質を担保するには、こちらから歩み寄ること

中部 俊之 氏 | 株式会社リッケイ

明治大学卒業後、SIerに入社。アセンブラによるPOSシステム開発に従事。その後転職を重ね、設計、製造、評価、運用保守、プロジェクト管理と一通りの業務経験を積む。中国オフショア開発のPMを複数担当した後、ベンチャー在籍時にベトナムと出会う。2011年2月にベトナムオフショア会社2社とラボ契約。アプリ開発のPMを担当し、ベトナムの可能性を実感する。2011年8月にベトナム事業の立上げのために日系SIerに転職し、ベトナム子会社の事業計画立案、体制構築、運営支援、プロジェクト管理などの現地対応を経て、ベトナム事業の営業責任者となる。現在はベトナム資本の株式会社リッケイの営業部に所属。グローバル企業へ成長するために2025年にグループ全体で一万人体制を目指す。

————————————————————————————————————

はじめに、現在のお仕事について教えてください!

今はオフショア開発の営業をしています。弊社は千人を超える体制で、一万人体制を目指して急成長している会社なんですが、さらなる成長に向けた貢献を求められて今年7月(当時入社3ヶ月)から入らせていただいています。ベトナム側には日本人が1名、日本側には6名いまして、他のメンバーは全員ベトナム人という会社です。リッケイで働いてから、やる気に満ちたベトナム人メンバーと一緒に仕事が出来て、充実した日々を過ごしております。

ベトナム人の国民性に惹かれて、日本からホーチミンへ

エンジニアになったキッカケを教えてください!

私はバブルが弾けた時に大学を卒業した世代でして、当時IT・コンピュータ業界の需要が高まり始めたこともあり、この業界に入りました。ただ大学は数学科を卒業していまして、コンピュータに関する勉強をしていたわけではなかったので、そういった知識は社会人になってから勉強をし始めました。

現在は営業をされていると仰っていましたが、これまではマネジメントサイドにも携わられていたのでしょうか?

前職までは技術系のマネジメントサイドの担当がメインでして、大学を卒業してからSIer入社後に転職を重ね、ベンチャーでベトナムと出会い、日系SIerのベトナム拠点立ち上げを経て現職という形でした。前々職のベンチャーでは技術長として、オフショア開発企業2社と合計30名のラボチームを契約しており、前職のSIerでもベトナム拠点の立ち上げからマネジメントまで携わっていました。

ベトナムに興味を持ったキッカケなどありましたか?

元々は前々職でベトナムとご縁があって来たんですが、彼ら彼女らの国民性に惹かれました。その前に中国でオフショア開発をやっていた時、中国のメンバーが仕様変更に伴う調整を全然してくれなかったり、出てきたアウトプットも品質が良くなくて、マネージャーとして本当に困ったことがあったんです。その一方でベトナム人は協力的で、色々と心配もしてくれる国民性があって、そこに惹かれてベトナムでの立ち上げに関わりました。

会社のメンバーは家族のような存在、ベトナムならではの働き方

海外でのエンジニアマネジメントで意識していたことはありましたか?

当初ベトナムでのオフショア開発を担当していた時に意識していたことは「説明は分かりやすく簡潔に、英語で直接伝えること」です。通訳を通すとワンクッション挟むことになるので伝達が遅くなりますし、伝えたいことが100%伝えられないことがあります。なので図や動画を用いたり、なるべく直接英語で説明をしていました。これは社内のコミュニケーションでも営業する際にお客様に説明する時も同じです。尚、弊社は日本語堪能なスタッフが多く、日本人社員も在籍しておりますので、日本語でのコミュニケーション面はご安心ください。

そしてオフショア開発ではよく言われますが、丸投げしたら失敗します。品質を担保できるようにこちらから歩み寄っていくことが大事だと思いますし、お客様にもそう伝えています。そういった意味で苦労する部分は多かったですが、結果的に期待したものが出るようになりますよ。

マネジメントをしていて価値観の違いを感じたことはありますか?

日本人とベトナム人で違う価値観の一つは、仕事より家庭を優先するところですかね。ベトナム人は仕事が溜まっていても、家庭で何かがあればそちらを最優先します。日本人はせめて仕事が一段落してから向かう人が多いとは思うんですけどね。

あと、仲間意識が強いところもですね。会社が家族のような感じなので、上下関係なく仲良く和気あいあいと仕事をしていけます。それがベトナムでは強く表れるので、私は仕事がしやすく、魅力的なところだなと思っています。

海外でのマネジメントで大切だと思うマインドセットはありますか?

先ほど申し上げたようにベトナムにおいては、仕事仲間も家族のような存在になるので、信頼関係構築は非常に重要だと思っています。そのためには可能ならベトナム現地に行って、彼ら彼女らの輪に入っていき、チームワークを高めることですね。あとは、Facebookなどで繋がって、いいねし合うなど仕事以外で繋がることも大事だと思います。

そのためにも傾聴は大事だと思いますね。自己主張するのではなくて、まずは聞くこと。それは仕事だけじゃなくて、友達作りにおいても大事だと思います。

日本とベトナムが良きパートナーになるために

マネジメントをどのように学びましたか?

研修を受けたり、PMPの勉強をしたりはしていましたね。あと新人の時は自分のマネージャーがやっていることを見様見真似でやってみたりしていました。

中部様が新人だった頃、もし海外でのプロジェクトマネジメントにアドバイスをくださるメンターがいればご利用になっていたと思いますか?

新人の頃だったら嬉しかったと思います。前の会社では、当初は自分で営業してとってきたオフショア案件を自分でマネジメントする形をとっていたのですが、お客様に対して色々とアドバイスをするメンターのような立場もしていました。その経験から言っても、メンターは重要だとは思います。

ベトナムでオフショア開発をすることの魅力についてどう思われますか?

コスト面はもちろんあると思いますが、私はそれ以上にベトナムという国自体に魅力を感じています。先ほども申し上げたように、ベトナムの国民性に惹かれていてこちらに来ると元気をもらえます。もし今後日本よりベトナムの方が上に来たとしても私はベトナムを選ぶと思いますし、日本企業がベトナムを使うというより良きパートナーとしてやっていきたいなと思います。

今後の展望について教えてください!

弊社は「ベトナムの価値を高める」ことを目指して「ベトナムでNo.1のテクノロジーグループ」になることをビジョンとして掲げている会社です。日本企業と1,000件以上のプロジェクト実績を持ち、顧客満足度は90%の評価を頂いており、日本のお客様から高い信頼を得ています。お客様とのコミュニケーションを大切にし、様々な情報と人をつなぐことより、プロジェクト成功に貢献しています。今後は世界中のお客様から信頼されるグローバル企業になるために、2025年に一万人体制を目指しておりまして、営業チームを強化していく必要があります。元々はベトナム人だけだった営業チームに日本人が入ることで、日本人のお客様とうまくやっていけるように強化しています。ベトナム最大手のFPTソフトウェアに追いつくためにも、現在のラボ型開発に加えてコンサルのような上流工程までできるような会社を目指していきたいと思っています。

最後に

今後、海外に活躍の幅を広げていきたいと考えている企業や個人にメッセージをお願いします!

URL : https://actio.network/interview-nakabe/

More From ニュースルーム

April 30, 2024

第33回 Japan IT Week 春 出展レポート

リッケイは、2024年4月24日から4月26日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された「第33回 Japan IT Week 春  – ソフトウェア&アプリ開発展」に参加しました。 会期中、53,916名の来場者があり、前年比で8,532名の増加が見られました。当社ブースにも大変多くの来場者がお立ち寄りくださいました。誠にありがとうございました。  出展ブースについて 当社はこの展示会で、オフショア開発サービス、カスタムAI開発・生成AIなどの最先端テクノロジーソリューション、豊富な開発実績およびITリソース状況などを主に紹介しました。  また、当社ブースにお立ち寄りいただいた皆様には、「Where The Dream Begins」という当社のコーポレートスローガンがデザインされたオリジナルトートバッグを配布しました。このトートバッグが、日常での皆様の活動に役立つことを願っています。  開催中の様子 ご来場者からは、「IT人材リソース不足」「開発コスト削減」「外注先の検討」「最先端テクノロジーの導入など、多様なITニーズと課題が寄せられました。 特に、生成AI、クラウドサービス、マイグレーション、ECサイト構築、モバイルアプリ開発、Odoo、メタバース、デジタルツインなどご相談や関心が寄せられました。、これらについて、当社の過去の成功事例と経験を基に当社のサービスやソリューションを提案させていただきました。  今回の出展におけるご相談事例 事例1:国内のAI開発の人材不足と人件費高騰のため、オフショア人材を活用したい リッケイには、1,500名以上の豊富なIT人材が在籍しています。お客様が求めるスキルセットを備えた最適なIT人材リソースを、国内エンジニアをタイムリーに提案いたします。  事例2:自社開発の古い業務システムをクラウドインフラに移行したい。 リッケイは、リスクを最小限に抑えて、セキュリティと効率性を重視した適切なクラウド移行計画を提案可能です。  事例3:大規模プラント設備を構築する前に、小規模なプラントでデジタルツインを活用したい デジタルツインを使った初期試験でシステムの動作をシミュレートし、プラント設計の検証と調整することで、無駄な投資を避けることができます。リッケイは生産プロセスを仮想空間で再現する技術を提案可能です。    リッケイは、日本の多岐にわたる業界のニーズに対応するIT技術とソリューションを提供し、お客様の課題解決をご支援いたします。 

April 23, 2024

リッケイとナレッジクリエーションテクノロジー、グローバル事業の更なる拡大を目指し、合弁会社RIKCTを設立

株式会社リッケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:Bui Quang Huy、以下 リッケイ)は、株式会社ナレッジクリエーションテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役:川村雅之、以下 KCT)と、DX推進、次世代AI開発、金融機関向けシステム開発などを主軸とした合弁会社「株式会社RIKCT(本社:東京都千代田区)を2024年4月23日付で設立しました。この合弁会社は、KCTが有する豊富なミッションクリティカルなシステム開発と先端な研究開発体制と、リッケイの顧客ニーズに柔軟かつ即応可能な開発体制、難易度の高いプロジェクトを高品質で推進できるプロジェクト管理能力を融合し、社会のDXに資するICTソリューションサービスの開発事業を国内外で展開します。  合弁会社設立の経緯: AIやIoTといった技術革新と、働き方や市場環境の急速な変化によって、ICTソリューションに対する要求が多様化しています。これに伴い、システム開発の重要性が高まり、開発の規模と複雑さが増しています。これに迅速かつ的確に応じるためには、広範な技術と多くのリソースが必要です。株式会社リッケイは、リッケイソフト創業時からのビジネスパートナーである株式会社ナレッジクリエーションテクノロジー(KCT)と共に、さまざまなプロジェクトで協力し、豊富な経験と実績を積み重ねてきました。今回の合弁会社設立は、両社が築いてきた長年のパートナーシップをさらに発展させるものです。新たな合弁会社では、両社のパートナーシップをさらに発展させ、高度な技術とノウハウ、経験を共有し、KCTの強みである金融、AI、農業、通信、宇宙、官公庁向けのDXおよびICTソリューションの開発と提供を推進します。これにより、日本市場だけでなく、グローバル市場でのビジネスの成長を加速させることを目指します。  合弁会社の事業概要: ・金融、宇宙、教育、公共分野におけるICTソリューションの開発 ・金融、宇宙、教育、公共分野の基幹系大中規模システムの開発 ・高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングおよび生成AIの技術開発 ・高度なIoT社会を実現する技術開発 ・バイオインフォマティクス サービスの提供 ・グローバルビジネス  ■両社代表からのコメント (写真左から) リッケイ 代表取締役社長 Buy Quang Huy 、リッケイ 取締役副社長 Nguyen Quang Ky 、KCT プロジェクトサービス事業部第一部 執行役 部長 佐藤 大介 、KCT 箱崎事業所 所長 髙田 雄平 、KCT 代表取締役 川村 雅之  Nguyen Quang Ky 株式会社リッケイ 取締役副社長 / 株式会社RIKCT 共同代表取締役(写真左から2番目) 今回、長く付き合っているビジネスパートナー会社であるKCT社とコラボして合弁会社を設立することでお客様へより幅広くサービスを提供することが可能になります。この合弁会社は日本をはじめ、東南アジア・欧米市場などグローバル市場へ役にたつICTソリューションへ提供できるのを期待しております。  佐藤 大介(KCT)/株式会社RIKCT 共同代表取締役(写真左から3番目) 合弁会社を設立することで、両社の強みを生かし、これまで以上に固い絆でつながり信頼関係を構築していきます。国内市場をはじめ、グローバル市場において、より豊かで調和のとれた社会の実現を目指し、社会に資するDXに資するICTソリューション提供できる企業になれるよう日々精進致します。  合弁会社の概要: 名称:株式会社RIKCT (英表記:RIKCT Co., Ltd.) 所在地:東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアイーストタワー4階 代表者:共同代表取締役 佐藤大介(KCT)、共同代表取締役 Nguyen […]

April 4, 2024

リッケイ、第33回Japan IT Week 春/ソフトウェア&アプリ開発展に出展 

株式会社リッケイは、2024年4月24日(水)~ 4月26日(金)に、東京ビッグサイトにて開催される日本最大のIT・DX展示会「第33回Japan IT Week 春」の「第33回ソフトウェア&アプリ開発展」に出展いたします。  出展内容  今回の展示会では、当社の高品質かつリーズナブルなベトナムオフショア開発サービスや生成AI、クラウド、ローコード、Salesforce、データサイエンスといった最先端ソリューションをご紹介します。 「AI等の先端技術活用」「エンジニア不足」「開発コスト削減」「オフショア開発の品質不安」等のお悩みがございましたら当社ブースにお立ち寄りください。「今」求められる技術を1,500名以上のエンジニアと日本語対応でタイムリーにご提供し、上流から運用保守、インフラ連携までサポートいたします。  展示会概要  名称     :第33回 Japan IT Week 春        第33回ソフトウェア&アプリ開発展 主催     :RX Japan株式会社 会場     :東京ビッグサイト 東ホール 開催期間   :2024年4月24日(水)~4月26日(金) 開催時間   :10:00-18:00(最終日のみ17:00まで) 出展ブース番号:40-40 当社出展情報 :https://bit.ly/3U1nXsY 公式ページ  :https://www.japan-it.jp/spring/ja-jp.html 参加費    :無料  本展示会への入場に関する申し込み方法  ・来場事前登録(無料)  入場には入場用バッジのご登録が必要です。 以下のウェブサイトにて入場用バッジを無料で配布しておりますので、ご登録ください。 https://www.japan-it.jp/spring/ja-jp/register.html?code=1020675511210655-OLV ・交通アクセス https://www.japan-it.jp/spring/ja-jp/visit/access.html

March 11, 2024

RIKKEI (THAILAND) CO., LTD、タイIT専門メディア「ICHI media」にご掲載いただきました

株式会社リッケイ子会社のRIKKEI (THAILAND) CO., LTD(以下、RIKKEI THAILAND)は、タイのマーケティング会社 Bigbeat Bangkok Co., Ltd.(本社:タイ バンコク、代表:金子秀明、以下Bigbeat Bangkok)が運営するタイのDXに関する情報メディア 「ICHI media」のSHOW CASEにてご掲載いただきました。  ICHI mediaへの掲載を通じて、タイ市場におけるRikkeisoftグループの豊富なIT人材および高品質かつ最先端なテクノロジーソリューションの認知拡大により、深刻なITリソース不足という課題や開発コストの削減ニーズをお持ちのタイ企業とのパートナーシップ拡大が期待されます。 RIKKEI THAILAND掲載ページはこちら: https://www.jrit-ichi.com/exhibitor/rikkei-thailand-co-ltd/  ICHI mediaについて 「ICHI media」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)に焦点を当てたナレッジメディアであり、タイのビジネスパーソン向けにDXに関するコンテンツを提供し、タイのビジネスの発展を支援しています。主なコンテンツには、タイのスタートアップ経営者へのインタビュー動画「ICHI TALK」および日本のテクノロジー企業を紹介する「SHOW CASE」があり、DXを通じた経営改善のヒントや新たな市場機会の洞察を提供されています。  ICHI media 詳細はこちら: https://www.jrit-ichi.com/ 

February 22, 2024

RikkeisoftとOnnet Consulting、LarkおよびOdooの統合に関するパートナーシップを締結

2024年2月22日、Rikkeisoft Corporation.(以下、Rikkeisoft)と、Odooのコンサルティングおよび実装サービスを提供する Onnet Consulting Pty Ltd(以下、Onnet Consulting)は、APAC地域向けにLarkおよびOdooの統合サービスを提供することに関する協力覚書を締結しました。締結式には、Rikkeisoft の Deputy General Director ハー・フイ・ルアン氏、 Chief of Digital Transformation ゴー・ミン・クアン氏、Onnet Consulting のCEO クアック・フイン・ニュー・ホップ氏、CCO グエン・テー・ハイ氏が出席しました。  背景と展望 Rikkeisoftは、ソフトウェア開発やWebシステム、モバイルアプリ、ERPシステム等の開発から、AI、クラウド、IoT、ブロックチェーンなど最先端テクノロジーの活用まで、幅広くITサービスを提供するベトナムを代表するICT企業です。また、Rikkeisoftは、組織のコミュニケーションを効率化するツール「Lark Suite」の最大のパートナーの一つであり、Lark SuiteのコンサルティングおよびOdooを含む他システムやツールとの統合において豊富な実績があります。  一方、Onnet Consultingは、APAC地域の企業向けに、ERPソリューション、Eコマースソリューション、デジタルワークプレイスソリューションを主に提供しています。同社は、中小企業向けERPプラットフォームであるOdooのトップパートナーであり、豊富なコンサルティングおよび実装実績を有しています。  このパートナーシップにより、両社はAPAC地域においてLark SuiteおよびOdooの統合サービスの展開を強化し、コミュニケーションとコラボレーションの円滑化および経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)管理コストの削減という価値を提供します。さらに、両社はイベントやセミナーの共同開催など、ソリューションのマーケティング活動においても協力することを予定しています。  Rikkeisoft Corporation.について Rikkeisoftは、(https://rikkeisoft.com)は、日本企業に高品質でコストパフォーマンスの高いITソリューションを提供するベトナム発のオフショア企業です。グループ全体で1,500名以上のエンジニアを擁し、クラウド、AI、IoT、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーに精通しています。これまでに幅広い業種において、500以上のグローバルクライアントと1,000以上のプロジェクトを成功させています。  株式会社リッケイについて 株式会社リッケイ(https://rikkeisoft.com/ja/)は、日本市場におけるRikkeisoftの取り組みをさらに強化するために2012年に設立された日本法人です。日本の顧客に直接サービスを提供し、ローカルなサポートとコミュニケーションを強化することで、Rikkeisoftのコミットメントを体現しています。この日本法人を通じて、Rikkeisoftは日本企業とのさらなる連携を図り、日本市場でのビジネス展開を加速しています。  Onnet Consulting Pty Ltdについて Onnet Consulting(https://on.net.vn/en)は、リーズナブルなコストで優れたERPソリューションを使用してプロセス効率を向上させることにより、ベトナムおよび地域のあらゆる業界の中小企業の成長と成功を支援することを使命として設立されました。Onnet Consultingは、世界に9つのオフィスと1780以上の顧客およびパートナーを有しています。   

February 20, 2024

Rikkeisoftと人材大手Zeniel Group 、韓国市場へのITリソース提供を目的とした覚書締結

2024年2月20日、ベトナムの代表的ICT企業「Rikkeisoft Corporation.(以下、Rikkeisoft)」と、ビジネスサポートサービスを展開する韓国大手人材企業「Zeniel Co., Ltd. (以下、Zeniel)」は、韓国市場におけるIT人材提供に関する協力覚書を締結しました。締結式には、Rikkeisoft の会長 タ・ソン・トゥン氏、CEO ダン・タイ・ホア氏、Zeniel の会長 パク・イン・ジュ氏、副会長 リー・ジャン・スク氏が出席しました。  背景 AIやクラウドなどの最先端技術への需要が世界的に高まる中、多くの国が高度IT人材の不足に直面しています。韓国もその一つで、昨年、韓国の雇用労働部(省)は、2027年までに人工知能、ビッグデータ、クラウド、ナノなどの技術分野で6万人の専門人材が不足するとの予測しています。これに対し、韓国企業はIT人材の確保と育成に努めており、ベトナムを含む海外の専門人材の活用も選択肢として注目されています。  目的と展望 Zenielは、韓国で55拠点、10,000名以上のスタッフを擁し、幅広い分野での人材不足解消を目指し、最適な人材を派遣・紹介する韓国の大手人材企業です。Rikkeisoftは、1,500名以上のIT人材を有し、AI、クラウド、IoT、ビッグデータなどのハイテクソリューションをグローバルに提供するベトナムのICT企業です。  このパートナーシップにより、 Zenielが28年間にわたって構築した顧客ネットワークと Rikkeisoftの高度なITスキルを活用し、韓国の小売、電子商取引、銀行・金融、製造、物流、医療などの分野で、韓国企業のデジタル化を支援します。    RikkeisoftとZenielは本パートナーシップを通じて、2024年に100万ドル、2025年には300~500万ドルの収益を目指します。  Rikkeisoft Corporation.について Rikkeisoftは、(https://rikkeisoft.com)は、日本企業に高品質でコストパフォーマンスの高いITソリューションを提供するベトナム発のオフショア企業です。グループ全体で1,500名以上のエンジニアを擁し、クラウド、AI、IoT、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーに精通しています。これまでに幅広い業種において、500以上のグローバルクライアントと1,000以上のプロジェクトを成功させています。  株式会社リッケイについて 株式会社リッケイ(https://rikkeisoft.com/ja/)は、日本市場におけるRikkeisoftの取り組みをさらに強化するために2012年に設立された日本法人です。日本の顧客に直接サービスを提供し、ローカルなサポートとコミュニケーションを強化することで、Rikkeisoftのコミットメントを体現しています。この日本法人を通じて、Rikkeisoftは日本企業とのさらなる連携を図り、日本市場でのビジネス展開を加速しています。  Zeniel Co., Ltd. について Zeniel( http://www.zeniel.com/ko/)は、ソウルに本社を置く韓国の大手人材企業で、主にアウトソーシング、人材派遣、人材紹介、就職支援などのビジネスサポートサービスを提供しています。HR、医療、介護、流通・物流・販売、生産・製造、設備・セキュリティなど、多岐にわたる領域でサービスを展開しており、韓国全土に55のオフィスと10,000名以上の従業員を有しています。