高い質のオフショア開発・古い概念、新しい考え方

高い質のオフショア開発・古い概念、新しい考え方

 

RIKKEISOFTの目標はベトナムにおける第1の情報技術産業と世界中に最も影響力のあるIT企業になる事です。それはトゥン会長と取締役会と共有している夢です。

タ・ソン・トゥン会長は企業設立当初から、大胆な夢をもって、RIKKEISOFTにはできると信じています。それ以来、RIKKEISOFTはますます会長の夢には根拠があると証明してきました。今まで多数年にわたってITO産業における第1急成長な企業を確保しています。日系企業に対してはもちろんRIKKEISOFTもよく知られています。

我々はRIKKEISOFTが困難を超え、難問を解決する人材を確保しています。

 

アウトソーシング第1章:アウトソーシング産業における日本市場の背景

第1節:201x年ごとに日本市場におけるアウトソーシング開発産業の現状

 

「オフショア」アウトソーシング開発の進歩家庭

15年前、2002年にFsoftが日本市場に進出するとき、オフショアアウトソーシング開発ではソフトウェア開発過程に最も簡単な仕事しかなく、それは:ユニットテスト、デザインのとおりにコードすること。それらの仕事から、腕を上げ、もっと難しい仕事に参加させることができます。したがって、15年後の今、FPTやRIKKEISOFT以外には、お客様に対して課題を理解しソリューションを図る事ができるほかの会社もますます現れています。お客様側もベトナム側にもっと多くの難しい課題を委託するようになりました。

前にはオフショア開発を選んだのは低い値段狙ったからなら、今には人事不足、またオフショア開発の品質を信じるからに変わりました。

LINE、楽天、ソフトバンク、グリー等のベンチャー会社にもオフショア開発が必要になりました。以前、彼らは国内の人材しかオフショア開発等使わなかったです。

オフショア開発会社側にも、もっと複雑な仕事を手に入れ、お客様にコンサルティングすることもできます。開発過程については、もっと全体的に参加させられ、デザインの段階からも参加することができます。作業方法には、コミュニケーターを多く頼らずにブリッジSEを使ってお客様と連絡するようになりました。

連絡ツール、インターネットのインフラも改善されています。

韓国、中国、インド等のオフショア歴史を潜れば潜るほど、以上の展開は自然に出た結果だと分かって、それも今ベトナムの大きなチャンスであることがわかりました。

 

RIKKEISOFTにとって、オフショア開発現状は新しい展開が見えています。

1年以上前(2016年4月)、ベトナム業界に名声がある日本に10年間在籍していたベトナムIT会社の社長さんがいて、私に考えを共有しました:「東京で1人月は50-55万で、それ以上のはずがない。それ以上であれば、彼らは私たちを雇うものではなく、日本企業を雇います。」しかし、今年にRIKKEISOFTは日本企業さんにそれ近いな単価で契約させられ、そしてある契約はその場合の単価程も顧客に交渉したことがあります。

同じで、多くのオフショアをする企業はオフショアをすれば最高40万・1人月、それ以上にすると中国などのほかのところを選ぶ考え方がありました。多くのベトナム会社もオフショア開発には1人月に40万を超えられない考え方があります。しかし、2017年に、お客さんがもっと契約したいまま、RIKKEISOFTはそれ以上の単価を超えお客様と交渉できました。

 

なぜRIKKEISOFTは、ITアウトソーシング業界で、日本市場におけるほとんどの企業が考えていないこと、非常といえることができるのか?

これを説明するには、客観的および主観的な理由があると思います。

客観的な理由は次のとおりです:回復している日本経済、新しい機会、新しいプロジェクト。他方で、 主観的な理由は:Rikkeisoftは新しいコンセプトを提供しています。 高品質なオフショア! 古いように聞こえますが、新しいものです。 この記事では、詳細と詳細を共有します!

Rikkeisoftの目標は、ベトナムの価値を高め、適切な価格でMade in VietnamとProduct by Vietnam製品を世界市場に投入する質の高い企業になることです。

Tungの目標はFsoftでなく、IBMモデルです。

Tungは、他のアウトソーシング会社も2000-3000ドルに迷わずに4000米ドル以上で入札できると考えています。 提案書、設計書、または作成するコードの値を上げて、 ベトナム人の価値の向上しましょう。

 

「グローバルを目指すには自身が必要」

 

 

2011年、ハノイでの日本ITデーに初めて参加したとき、ベトナム企業と日本企業から多くのプレゼンテーションを聞き、それらの企業の社長はオフショア開発には最高価格で4,000ドルをクローズしました。 中国の労働価格が急速に上昇し、4000米ドル/ 1人月を超えたという理由で、日本はベトナムに移転されました。 それから時々VINASAの大きなイベントで、多くの「専門家」も同じ判断をしました。

しかし、実際には6年後:ベトナム企業はその移転がどこでも見えませんが、もし見えるというと、FPTsoftだけがそれを捉えられました。 現在、中国の高価格にもかかわらず、日本企業は依然として中国向けのオフショアを大幅に増やしています。

4000米ドル/1人月は本当にオフショア開発の上限ですか?

4000米ドル/1人月は目に見えないケージになり、多くのオフショア企業がその中に閉じ込められました。

同じで、6000米ドル/1人月は日本でオフショア開発の上限ですか?

Tungは、ベトナム企業が本当に日本企業と同じ品質のサービスを提供できるのであれば、日本と同じ価格で交渉してはどうだろうかと思っています。

ベトナムでは、自分の会社のエンジニアが10,000米ドル/1人月を超えていると顧客に自信を持って言っている会社はいくつありますか?価格で競争するのはいつでもいい方法ではありません。品質、生産性、能力への自信を高めて、ベトナムの価値を高めてください!