RIKKEISOFTは日本市場アウトソーシング開発の主要として、人工知能研究開発を注力

RIKKEISOFTは日本市場アウトソーシング開発の主要として、人工知能研究開発を注力

「ベトナムサミットInジャパン2019」は2019年11月16日に東京で、初めて国際会議センターJASSOに開催されました。「メイク・イン・ベトナム・チャンスと挑戦」と題するこの会議には、専門家、政策立案者、企業家のすべての知識を結び付けて統一することで、在日本のベトナム人のコミュニティを構築、発展することを初めとし、ベトナム国の発展を目指すことを目標としています。このイベントはベトナム政府代表とした 500客、日本国内外のベトナム人研究者、専門者50客が参加した在日本ベトナム知識人コミュニティの史上最大規模なイベントとなっています。

 

 

 

 

日本市場に進出した2016年から現在、RIKKEISOFTは年数千万ドルの売上高により、日本国内の最も大きなベトナム企業となっています。企業間を初め、一般的なコミュニティの発展において、日本でのベトナム企業のミュニティの知的資源を結びつけることの重要性を認識し、RIKKEISOFTは日本での知的コミュニティを集め、共に大規模な政策からベトナムで適用できる新製品、新技術へのソリューションを討論し、統合と国際化において共に成功と進歩の精神の上、相互支援関係、ネットワークを作り上げ、「ベトナムサミットInジャパン2019」の共催に参加しました。

ベトナム一流企業、そして研究、大きなプロジェクトを実施した経験がある人工知能を焦点に当てた会社(RikkeiAI)を持つ企業の立場で、2019ベトナムサミットには、RIKKEISOFTはIT業界の代表として、日本市場にアウトソーシング開発産業の将来、そして現在のベトナムITの背景において人工知能(AI)の発展傾向について討論しました。

経済産業省(METI)の人事に関するレポートによると、日本におけるIT人材不足の悪化はますます深刻になっています。人材補給のクライマックスは2019年に達し、その後徐々に減少します。2030年までに、日本には約590,000人のIT人材が不足すると予想されます。これは、特に日本に住んでいるベトナム人の数が現在非常に多く、韓国と中国に次ぐ第3位であるという状況において、日本へベトナムのアウトソーシング開発産業にとって素晴らしい機会になるのです。

RIKKEISOFTは、価格競争の道をたどることなく、今後10〜20年でITエンジニアの価値と伴い、品質の向上によって、ベトナムでのソフトウェア開発産業の向上を目標としています。特に、簡単な加工作業に止まるわけでなく、より複雑で積極的な設計や分析チェーン等の位置を占めます。

 

 

他方、産業革命4.0が経済全体、特に生産活動に影響している結果、先進国自動生産モデルは発展途上国安価な労働力による集中生産よりも安価です。結果、ベトナムでのアウトソーシング開発産業を服務輸出産業は多少影響されると予想されており、輸出に大きく依存しているベトナムの経済にとって課題になっています。したがって、人工知能技術の開発に焦点を当てることは、品質を最適化し、ベトナムのソフトウェア輸出分野を強化するための緊急かつ重要な要件です。

国内のソフトウェア輸出市場の分析に焦点を当て、技術輸出教育と職業訓練を改善するためのソリューションを提供し、株式会社リッケイのCEOであるブイ・クアン・フイ氏が参加者に問題の明確な視点、現在と将来の背景においてベトナムのソフトウェア輸出市場の傾向について課題をもたらしました。

 

 

 

 

RIKKEISOFTの子会社であるRikkeiAIは人工知能を当てた研究を中心にしています。RikkeiAIは以下のプロジェクトを実際運用の実施を成功しました。

・ベトナム全国のベトナム語を解する音声認識

・レコード解析

・チャットボット

・画像認識:交通流量管理、メーターデータ抽出に摘要

・データー分析:証券情報分析、売上結果分析に摘要

人工知能が近い将来に先端技術になると予想し、RikkeiAIはこれが各企業に対する  業革命4.0がもたらせた日本市場機会を活用するために展開および開発する必要がある「先駆者」になると考えています。これも、ベトナム経済全体的にターニングポイントになります。