『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション

『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション

Mobile Application

『WE HOPE』は、障害を持つ方々のためのバーチャルアシスタントアプリケーションです。

ベトナムには200万人以上の低視力や視覚障害を持つ方々、そして約250万人の聴覚障害と発話障害を持つの方々がいます。そうした方々にとって、手話などを知らない人とのコミュニケーションはとても困難です。

そこで、日常生活の中で、 仕事や、より歩きやすく、働きやすく、遊びやすくように、スマートアプリケーション「WE HOPE – WE CONNECT」を開発しました。 したがって、顧客は、日常の状況でのコミュニケーションを容易にし、適切なユーティリティを提供するモバイルアプリケーションを構築したいと考えています。

私たちのミッション:

– 市場調査
– ソリューションの提案
– 要件定義 – システム設計・開発
– 運用・保守

体制:

チームメンバー:32 名
– BA: 2
– プロジェクトマネージャー(PM):1
– テクニカルリーダー(TL): 2
– デザイナー:4
– 開発者: 15
– テスター: 8

技術・開発手法・言語:

– AR/VR – Text to Speech
– Speech to Text
– AI
– Google Clouds Services
– Mobile: Java, Swift

解決策:

『WE HOPE』は、不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーションです。障害のある人に便利なアプリを紹介します。 バーチャルアシスタントは、SiriやGoogleアシスタントに似た音声コマンドを使用する。 2つのアプリケーションには、主に以下のような機能があります。 – バーチャルアシスタントを使った音声コマンド – 学習サポートアプリ – 弱視の方に考慮した書籍閲覧システム – 音声で携帯電話の他のアプリを管理する – 手話でのメッセージコミュニケーションのサポート – 手話の語彙を学ぶためのツールの提供 – 障がい者とボランティアをつなぐ機能 – 地図、ビデオ、写真、音声で目的地までのルートをご案内 VinSmartとのコラボレーションにより、VinSmartスマートフォンに統合して操作することができる。

弊社は、視覚障害を持つ方々向けのアプリと、聴覚障害ならびに発話障害の方々向けのアプリの合わせて2つのアプリを開発しました。この2つのアプリケーションには、主に次のような機能を実装しました。

主な機能:
– バーチャルアシスタントを使用た音声コマンド
– 学習サポートアプリ
– 電話でスマートフォン内の他のアプリを調整したり管理できる
– 弱視の方に考慮した書籍閲覧システム
– 手話でのメッセージコミュニケーションのサポート
– 手話を学習するためのツールを提供 – 障害を持つ方々と持たない方々を結びつけてボランティアを支援する
– 地図、ビデオ、写真、音声で目的地までのルートをご案内

また、スマートフォンの生産などを手掛けるビンスマート社(VinSmar)とのコラボレーションにより、このアプリはVinSmartスマートフォンと統合して操作可能にすることを実現しました。

 

評価:

このアプリはとても便利です。

  • 『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション 『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション 『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション 『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション 『WE HOPE』:不自由な方のためのバーチャルアシスタントアプリケーション

    5

  • Quality:

    5.0

  • Schedule:

    4.5

  • Cost:

    4.0

  • Willing To Refer:

    4.5

結果:

SDGs(持続可能な開発目標)への取り込みとして、障害を持つ方々の日常生活を支援し、コミュニティをサポートするプラットフォームの構築には長い道のりが必要でした。しかし、政府を支援し、さまざまな困難を乗り越えて実現することができました。

現在このアプリは、10万人以上の障害を持つ方々によって利用されています。

新しいプロジェクトを始めよう

お客様のプロジェクトとソフトウェアエンジニアリングのニーズを簡潔に説明し、当社チームとのコラボレーション方法について議論します

ドラッグストアのEコマース